公益財団法人 犬山城白帝文庫 Inuyama Castle National Treasure
犬山城成瀬家拝領400年記念特別事業
お問い合わせはこちら
犬山城成瀬家拝領400年記念 展覧会(企画展・特別展)

例年、多くの方にご来場いただいております企画展・特別展におきましても、「犬山城成瀬家拝領400年」を記念したテーマで開催することにいたしました。犬山城の眼下に広がる濃尾平野は数々の歴史物語の舞台であり、活躍した戦国武将への関心は益々高まっております。
また、城郭研究の分野では犬山城の歴史や構造についての調査が進み、城の縄張りや堅固な守りなどの最新研究には目を見張るものがございます。ぜひとも、拝領400年を機に知られざる犬山城の魅力を発見していただきたいと心より願っております。

トップページ > 展示会(企画展・特別展)

特別展「成瀬正成一代記」

予告
趣旨
江戸時代の犬山城は、明治維新まで九代にわたり成瀬家が城主をつとめました。その初代である正成は永禄10年(1567)三河国に生まれ、幼いころから徳川家康に小姓として仕えました。
天正12年(1584)小牧・長久手合戦で初陣を飾り、成長してのちは家康の駿府政権を支える年寄の一人となります。また、家康は幼くして尾張藩主となった九男徳川義直の付家老に信頼する正成を任じました。
そして家康没後の元和3年(1617)に正成は徳川秀忠から犬山城を拝領します。本年は、このときから400年目にあたります。
本展はこれを記念して、宝成寺(千葉県)所蔵の正成像など展覧会初出品を含む約60点の資料を通して、正成の生涯や功績などを紹介するものです。
会期
平成29年10月26日(木)~11月27日(月)
※会期中休館日なし
会場
城とまちミュージアム(犬山市文化史料館・犬山城白帝文庫歴史文化館・からくり展示館)
住所  :犬山市大字犬山字北古券8番地
交通機関:名鉄「犬山駅」西口より徒歩15分
Google map
開館時間
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで、休館日なし)
入館料
一般
100円
中学生以下
無料
※10月28日(土)、29日(日)は「からくり町巡り」のため無料
※犬山城下町周遊券 600円
主催
公益財団法人 犬山城白帝文庫
後援
犬山市教育委員会
展示説明会
日時 11月3日(金・祝)、4日(土)、5日(日)、18日(土)、23日(木・祝)
午後1時40分~ 当館学芸員
主な展示品
(1)成瀬正成像 白林寺蔵
(2)成瀬正成像 宝成寺蔵
(3)小牧・長久手合戦図屏風 犬山城白帝文庫蔵
(4)朱塗黒糸威具足 個人蔵
(5)脇指 銘 本明備州長船兼光 天正□年八月吉日日向守上之(明智兼光) 犬山城白帝文庫蔵
(6)成瀬正成書状 知久伊左衛門あて 喬木村歴史民俗資料館蔵
(7)成瀬正成書状 高木平兵衛あて 個人蔵
(8)東照大権現像 三河武士のやかた家康館蔵
(9)徳川義直像 徳川美術館蔵

企画展「犬山城資料展」

終了
趣旨
近年、犬山城に関する調査・研究が深まり、さまざまな視点から議論されるようになりました。犬山城主成瀬家初代・成瀬正成が犬山城を拝領してから400年を迎える本年度最初の事業として、犬山城白帝文庫所蔵資料のなかから犬山城に関する文献資料や「犬山城絵図」などを通して、あらためて犬山城研究の現状と課題をご紹介するものです。
会期
平成29年4月1日(土)~4月25日(火)
※会期中は休館日なし
主催
公益財団法人 犬山城白帝文庫
会場
城とまちミュージアム(犬山市文化史料館)展示室1
住所  :犬山市大字犬山字北古券8番地
交通機関:名鉄「犬山駅」西口より徒歩15分
Google map
開館時間
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般
100円(団体30名以上80円)
中学生以下
無料
※犬山城下町周遊券でもご観覧いただくことができます。
一般600円(犬山城・城とまちミュージアム・からくり展示館・どんでん館)
主な展示品
(1)成瀬家入城前の資料
尾州丹羽郡白山権現由来、尾州丹羽郡稲木庄犬山城初築之来由、桐紋軒丸瓦・唐草文軒平瓦(犬山市教育委員会)、織田信長朱印状(瑞泉寺)など

(2)成瀬家の入城以後の資料
成瀬氏系図、犬山里語記、犬山視聞図会、尾張名所図会 など

(3)犬山城の絵図
犬山城絵図(寛文7年)、本丸修復図、本丸構之図、杉之丸・桐之丸・松之丸修復図、蘇水之岸上白帝城眺望図 など
▲ページトップへ
戻る