催しのご案内
現在の催し今後の催し過去の催し

お知らせ
■臨時休館のお知らせ
特別展準備のため令和3年10月25日(月)は白帝文庫展示室(展示室1)を休室します。また、10月26日(火)、27日(水)は城とまちミュージアム全館を休館します。
御来館を予定していらっしゃった皆様には御迷惑をおかけしますが、何卒御了承くださいますようお願い申し上げます。
なお、IMASEN犬山からくりミュージアムは開館します。
■ご来館の皆様へのお願い
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来館される皆様には入口での検温や手指の消毒、マスク着用の徹底などのご協力をお願いいたします。
■おうちミュージアム
「犬山城ぬりえに挑戦!」 江戸時代に描かれた犬山城の絵と犬山城を上からみたイメージ図をぬり絵にしました。
是非、チャレンジしてください!

*「犬山城ぬりえに挑戦!」は下記、犬山市文化史料館「おうちミュージアム」内にあります。
犬山市文化史料館「おうちミュージアム」
■観覧料の改定
令和2年4月1日(水)より観覧料は「城とまちミュージアム」と「IMASEN犬山からくりミュージアム」の2館で一般300円に改定します。なお、中学生以下はこれまでどおり無料です。皆様にはご負担をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

*城下町散策をされる方には「犬山城下町周遊券(760円)」がおすすめです。
犬山城・城とまちミュージアム・IMASEN犬山からくりミュージアム・どんでん館にご入館いただけます。
▲Page Topへ
現在の催し
■常設展 犬山城と城下町
常設展 犬山城と城下町  犬山城主成瀬家伝来の武器・武具、絵画、工芸品、古文書などを紹介しています。
▲Page Topへ
今後の催し
■特別展 犬山城主成瀬家の家臣たち
会期 令和3年10月28日(木)〜12月2日(木)
▲Page Topへ
過去の催し
展覧会講演会講座研修会
 展覧会
■企画展 よみがえる文化遺産 ―修復と復元―
令和3年4月21日(水)〜5月26日(水)
企画展 よみがえる文化遺産―修復と復元―  犬山城白帝文庫の所蔵品の中には、虫や湿気による損害、繊維の劣化など、長い年月のあいだにこうむった破損があるため、展示・公開がむずかしいものも含まれています。当文庫では平成16年に設立以来、大切な文化遺産を活用するとともに次世代へ受け継ぐため、主要な事業の一つとして修復に取り組んできました。また、資料をもとに復元もおこなっています。こうした活動によってよみがえった文化遺産を一堂に紹介しました。
■特別展 犬山城主の武威 ―成瀬家の武器・武具―
令和2年10月29日(木)〜12月2日(水)
特別展 犬山城主の武威―成瀬家の武器・武具―  犬山城白帝文庫は旧犬山城主成瀬家に伝来した多くの武器・武具を所蔵しています。そのなかから主要なもの116件を「甲冑と旗」「刀剣・刀装具・弓・鉄砲」「馬具」と3つのコーナーにわけて紹介しました。 会場の広さの都合で展示できなかった作品も含めて202件の武器・武具を掲載した図録(136頁・1300円)も販売しています。
■企画展 明智兼光と長久手合戦
令和2年7月16日(木)〜9月8日(火)
明智兼光と長久手合戦  成瀬正成(のちの犬山城主)は天正12年 (1584)の小牧長久手合戦が初陣で、4月9日の長久手方面での合戦で首級2を挙げました。合戦後に徳川家康から明智光秀の旧蔵と伝わる「脇指 明智兼光」を賜りました。 今回の企画展では、この脇指とともに、正成の活躍を描いた長久手合戦図も展示しました。
■企画展 没後200年 成瀬正典とその時代
令和2年6月1日(月)〜7月14日(火)
成瀬正典とその時代  成瀬正典(犬山成瀬家6代城主)は、尾張藩から預かっていた同心・城番が成瀬家の手を離れたのに伴い、犬山に住む家臣を充実させて城と城下町を自らの手で守る体制を作るとともに、城下の産業振興を図りました。 尾張藩付家老としては、特に藩主の後継者問題で力を振るいました。 父譲りの書画の技も巧みで、華麗な作品がいくつも残されています。また、日蓮宗の熱心な信者でもありました。本展では、こうした正典の多面にわたる活躍を紹介しました。
■特別展 付家老のお仕事―尾張藩を託した成瀬と竹腰―
令和元年10月17日(木)〜11月19日(火)
特別展 付家老のお仕事―尾張藩を託した成瀬と竹腰―  尾張藩の付家老で犬山城主であった成瀬家を中心に、藩内や幕府に対して付家老がどのような立場にあったのか、またどんな仕事をどこで行っていたのかを紹介しました。
■企画展 没後400年 成瀬一斎
2019年4月27日(土)〜5月28日(火)
企画展 没後400年 成瀬一斎  成瀬一斎(正一)は元和6年(1620)に83年の生涯を閉じ、本年は400回忌を迎えます。本展では一斎の経歴を中心に取り上げ、あわせて1800年頃には所在が不明となっていた一斎の墓についても紹介しました。
 講演会
犬山城・上廣歴史文化フォーラム
開催日   令和元年10月19日(土)
基調講演   江戸城の中の付家老
講 師    深井雅海 氏(徳川林政史研究所副所長)
シンポジウム   付家老と尾張藩
パネラー   白根孝胤 氏(中京大学文学部教授)
藤田英昭 氏(徳川林政史研究所研究員)
筧真理子(当館主任学芸員)
司 会    白水正(当館館長)
 講座
令和3年度 講座 古文書を読む1
開催日 7月10日(土)
講師  当館主任学芸員 筧真理子
成瀬正泰(5代犬山城主)70才の祝いについての古文書を読みました。
令和3年度 講座 古文書に親しむ
開催日 6月13日(日)
講師  当館主任学芸員 筧真理子
寛政5年(1793)の犬山城下の町のようすを伝える古文書を読みました。
令和元年度 講座 古文書を読む2
開催日 12月7日(土)
講師  当館主任学芸員 筧真理子
成瀬正住の知多郡巡覧について
令和元年度 講座 古文書を読む1
開催日 11月9日(土)
講師  当館主任学芸員 筧真理子
付家老のお仕事に関する文書を読みました。
令和元年度 講座 古文書に親しむ2
開催日 6月29日(土)
講師  徳川林政史研究所非常勤研究員 滝口正哉 氏
成瀬家家臣・中野熊助文書(徳川林政史研究所蔵)を読みました。
令和元年度 講座 古文書に親しむ1
開催日 5月25日(土)
講師  当館主任学芸員 筧真理子
犬山の高札場について
 研修会
▲Page Topへ